0432

この「Save Jeju Now」ウェブサイトは、平和の島と称される韓国済州の小さな村・ガンジョン(江汀)で行われる、強制的な済州海軍基地建設事業を阻止する非暴力闘争の最新記録です。2007年以来、韓国の政府は、圧倒的多数の村人(有権者の94%)の反対にもかかわらず、この村と貴重な自然環境の上に、「民軍複合型観光美港」と偽りに且つ愚かに名付けられた戦争基地を、抑圧的に造ろうとしてきました。この基地は、駆逐艦に装備した積極的なミサイル防衛システムを通じて、アジア太平洋地域で中国を封じ込めようという戦略のアメリカ軍に利用されてしまうでしょう。

済州島は、朝鮮を分断へと向かわせるアメリカの主導に反対して民衆が蜂起したという理由で、政府軍と右翼暴漢らが済州の民間人3万名を虐殺し、島の村々の70%を燃やした、1948年の「4・3虐殺事件」に対する正式な謝罪の一環として、2005年1月27日、韓国政府から「平和の島」に指定されました。いま、強制的な基地建設は、「第二の4・3」を心配する済州の人々に対し、再び国家暴力をもたらしています。済州と韓国の人々は、 済州が、戦争基地なしに、 真に平和なアジア太平洋地域をつくる模範になるべく、真の平和の島になることを熱望しています。

状況のアップデートやアクションの呼びかけ、写真、ビデオ、ニュースを日本語と中国語で掲載します。このサイトを通じて私たちは、韓国海軍の主導のもとで韓国政府や大手建設会社・サムスンとデリムによって広がる嘘や誤報と闘うことを願っています。私たちは、ガンジョン村のの住民たちととサポーターたちが2007年から直面してきた、嘘偽り、暴力、残酷さの真相を広めていきたいと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someoneGoogle+share on TumblrShare on Reddit