9月20日、沖縄の辺野古で基地建設と海上保安庁の暴力に反対する大集会がありました。沖縄の平和への闘いに力になるため、ガンジョンからも村民たちと活動家たちが 辺野古での集会に直接参加しました。

1

9月20日にあった辺野古での集会

2

ガンジョン村民のジョンファンおじいと活動家 Photo forwarded by Takahashi

3

辺野古の海岸 Photo forwarded by Takahashi

4

辺野古の海岸 Photo forwarded by Takahashi

 

ガンジョン村民会、ガンジョンの平和を守る会、ガンジョン国際チーム、島々の連帯は辺野古へ連帯メッセージを送りました。こちらが連帯のメッセージです。

We people in Gangjeong are eager to express our outrageous anger to what’s going on in Henoko, Okinawa. We have watched many of photos and videos of the violent action conducted by the coast guard of Okinawa against the innocent peace activists.

私たち、ガンジョンの村民は今、沖縄の辺野古で起きていることに対して、非常に怒りを感じています。私たちは映像や画像を通じて日本の海上保安庁が平和を求めている活動家達に振るった暴力を見ました。

It’s not a crime to defend the nature, peace, and be-loved hometown but it’s doubtlessly a crime to defend the base construction plan no matter how it is legal or illegal in the law system under a state. The action of the coast guards in Henoko seem to us the military itself but the enemy target is the peace-loving civilians who they declared to protect for.

自然を、平和を、愛する故郷を守ることに決して罪はないのに、国の法律では基地建設に反対することは犯罪として扱われます。海上保安庁が辺野古でやったことは、その自体で平和を愛する市民達への‘軍事力行使’だったのではないかと思います。

It’s a lie that the military and military base protect people. It must be a real ironic lie for Okinawan who have learned the painful lesson to be a base islands under the war.

軍と軍事基地が市民を守るというのは単なる嘘にすぎません。戦時中、駐屯地として苦しまざるをえなかった沖縄で、またこうしたことが起きるのは実に矛盾しています。

We have learned from our Okinawa friends that the nightmare of war experiences and state violence in Okinawa has been extended through the long-lasting existence of military bases, just like the enforcement of the naval base here has reminded many the nightmare of 43 and the history of forced militarization of Jeju by the Imperial Japan government. We are both together standing on the top of the uneven historical trauma and probably again the crossroad of the war.

私たちは沖縄の友達から沖縄戦の悲劇、そして長期間、駐屯地として受けた国家暴力について聞きました。それは済州で起きた4ㆍ3事件と植民地下での軍事化を思い出させるものでした。私たち、島々は不安定な歴史的トラウマの上に、そして、また戦争の真ん中に一緒に立っています。

We people in Gangjeong want to make a possible new way together with you.

私たち、ガンジョン村民は皆さんと共に新しい可能性への道を作って生きたいです。

Just like the thing we pray every day in Gangjeong during our struggling that the world peace will begin from our small village, so does Henoko. We people in Gangjeong request the cancelation of Henoko Bases, not only in Henoko, but all the military facilities in Okinawa islands while we are also struggling here to make Jeju a real DMZ peace island.

私たちがガンジョンでの毎日の闘いの中でいつも願っている世界平和は、辺野古のような小さい町から始まるものです。済州が本当の意味での非武装地域、平和の島になるまで闘うと共に、私たち、ガンジョン村民は辺野古の基地建設の取り消し、そして、全ての沖縄の軍事施設閉鎖を要求します。

Henoko friends, you are in our heart in our daily struggle. Our solidarity for you is really from many Okinawa friends’ inspiring friendship for us. Peace is our way.

辺野古の皆さん、皆さんはガンジョンで毎日闘っている私たちの心の中にいます。沖縄の多くの友達が見せてくれた真の友情から私達は強い絆を感じました。これからも私たちに平和が宿りますように。

 

2014 Sep 19th in Gangjeong

Gangjeong Village Association, Gangjeong Peace Keepers, Gangjeong International Team, and Inter-Islands Solidarity for Peace Team

2014年9月22日 ガンジョンから

ガンジョン村民会、ガンジョンの平和を守る会、ガンジョン国際チーム、島々の連帯

 

5

島々の連帯 手作りバナー Photo by Director Cho SungBong

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterEmail to someoneGoogle+share on TumblrShare on Reddit

Comments are closed.